沖縄の旅・1

沖縄から帰ってきたら九月になってました(笑)

耳を覆いたくなるくらい、さかんに鳴いていたセミの声に代わって

夕方になると鈴虫が鳴いています。

 

沖縄、行ってきました。

八重山の島、石垣、西表、竹富の三つの島へ。

四泊五日間の旅。

楽しかった!そして濃かった。

そして、何より予定通り沖縄に行けて良かった。

台風14号、15号の影響で前日まで飛行機はほとんど欠航で、

もしかして行けないんじゃないかと思っていたから。

おてんとさまありがとう。

 

この旅の一番の目的地は、西表島。

ここでは、西表島での体験を綴ります。

 

8月30日、旅の二日目。

石垣港からフェリーで西表島・上原港へ。

はなうたスタッフの洋子さんがお出迎え。

すっかり南の島のゆる~い空気をまとって登場。

彼女の運転で、宿泊地へ。

 

宿泊は石垣金星さん別宅・通称金星文庫。

私たちはこの金星文庫の壁に絵を描く、という条件で宿代を安くして頂きました。

金星文庫に到着して、金星さんにご挨拶して

早速壁画の制作にとりかかりました。

金星さんのリクエストで海神祭「ハーリー」を描きました。

どうなることかと心配しましたが、

Sさんが前もって図案を作ってくれていたのと

RBとのチームワークの良さで

この日の明るいうちに壁画は完成!

そしてこの間にご飯を作ってくれたNさん、洋子さんありがとう!

肩の荷が下りた!と思ったら、

道路から見える壁に「金星文庫」と書いて欲しい、と追加リクエスト。

陽が落ちる中、金星文庫☆書きました~。

 

夕食の後、浴衣に着替えて旧盆の行事「あんがま」に参加。

傘をかぶってサングラスに手拭いで顔を覆って、ひたすら踊る。

精霊に覚えられると連れて行かれてしまうらしい。

なのでこのときはみんな声も変えていました。

奇声を発しながら踊ります。

仏壇のある家々を夜を通してまわります。

一軒の家にどのくらいだろう、30分以上?1時間?輪になって踊るんです。

へとへとです。

顔を覆ってるから暑いし。

お酒も振舞われて、簡単にあっちに行けそうです(笑)。

そんな状態なので写真はありません。

何か違うものが映りそうな気もしたしね。

 

二軒目が石垣家。

昼間に半裸だった金星さんもばっちり芭蕉布のすてきな着物を着て三線を奏でています。

昭子さんは皆に気を配って忙しそうです。

私たちは、ひたすら輪になってねり踊ります。

明日はジャングルトレッキングだった・・・。

足首が痛くなって明日のことを思い出しました。

こっそり影にかくれて見物してることにしました。

 

西表でもここ祖内は、古くからの風習をとても大切にしていて

若い人、青年部が中心になって様々な行事が執り行われているようです。

それをおじいやおばあが見守っている、そんな感じでした。

 

石垣家のあんがまが終わり、私たちは失礼して金星文庫へ戻りました。

石垣家の夜はまだまだこれからのようです。

明日は午前中ジャングルトレッキング。午後は待望の染めの体験です。

 

続きは沖縄の旅・2で!

 

 

J.amauchi

西表・上原港
西表・上原港
壁画制作中
壁画制作中
完成!
完成!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    satoko (土曜日, 08 9月 2012 10:58)

    わぁ!すてきー★☆★

    自然や神様、ご先祖様、家族…みんな一緒に過ごしてるみたい。
    いいね~♪

  • #2

    junko amauchi (月曜日, 10 9月 2012 22:23)

    satoko

    いいよ~☆
    みんな一緒…本当にそんな感じだった。
    世界は生きている人間のものだけじゃないって感じた。
    機会が創れたら是非satokoも!